沿革

確かな技術と実績を積み重ねながら
サーミスタの歴史を刻み続けております。

当社は、1939年8月13日に航空機の高性能電気接点の製造を目的として設立された日本接点研究所が母体となり、1944年3月25日に株式会社大泉航空機器製作所として設立されました。

戦後、1945年10月に社名を現在の株式会社大泉製作所と改め、民需の電気接点の製造を開始いたしましたが、1952年2月に電気通信省電気通信研究所よりサーミスタの試作依頼を受け研究開発を開始、1955年1月に電話交換機用のサーミスタの生産を開始致しました。以来、50有余年にわたり、半導体セラミック技術及び金属、プラスチック、ガラス技術の蓄積に基づき、各種温度センサの開発に取り組み、高品質製品の供給に努めております。

1944年3月
航空機の電気接点の製造販売を目的として東京都板橋区に株式会社大泉航空機器製作所を設立
1945年10月
「株式会社大泉製作所」に商号変更、東京都練馬区に本店移転
1955年1月
NTC (負温度係数)サーミスタの製造開始
1966年12月
青森県十和田市に子会社「十和田電子株式会社」を設立(現・十和田工場)
1981年10月
青森県三戸郡五戸町に「五戸電子工業株式会社」を設立(現・センサ工業五戸工場)
1984年1月
青森県十和田市に子会社「八甲田電子株式会社」を設立
1985年5月
青森県十和田市に子会社「センサ工業株式会社」を設立(現・センサ工業第一工場)
1987年4月
PTC (正温度係数)サーミスタの製造開始
1989年6月
青森県八戸市に「八戸電子工業株式会社」を設立(現・センサ工業八戸工場)
1996年11月
東京営業所を東京都新宿区高田馬場に開設
2012年8月、現在の千代田区鍛冶町に移転
2003年8月
埼玉県狭山市に本店移転
2004年1月
中国広東省東莞市虎門博涌管理区に子会社「東莞大泉傳感器有限公司」を設立
2012年6月
東京証券取引所マザーズ市場に上場
2013年11月
愛知県刈谷市に刈谷営業所を開設
2014年5月
京都府京都市下京区に京都営業所を開設
2014年12月
タイ国チョンブリー県に子会社「OHIZUMI MFG(THAILAND)CO.,LTD.」の工場稼動開始
2017年2月
中国上海に「東莞大泉傳感器有限公司上海連絡所」を開設
2017年4月
ドイツ・シュツットガルトに「欧州代表事務所」を開設
2017年5月
十和田工場敷地内に技術開発センターを開設
2019年3月
十和田・新工場棟竣工
Page Top