トップメッセージ

株主の皆様へ

株主の皆様には、平素より格段のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

第105期(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の経営概況は、自動車部品事業では、カーエアコン、エンジン領域等の既存製品が堅調の中、電動化領域の売上増加が顕著であったこと、空調・カスタム部品事業では、日系空調メーカーの東南アジア地区での増産等により売上は好調に推移いたしました。

エレメント部品事業では、一部顧客の在庫調整や受注低迷等の影響を受け、売上が減少いたしました。

このような環境の下、当社グループでは中期事業計画2年目としての進捗と成果を確認しつつ、販路拡大や技術戦略とともに生産性向上等によって競争力を強化し、持続的な事業の拡大へ向けた具体策を着実に進めて参りました。原価改善の取り組みは、お客様から高い評価を得て、さらに積極的に強化・拡大を図っております。また、増産へ向けた供給体制整備の一環として、十和田工場敷地内に新工場棟が竣工いたしました。

第106期(2019年4月1日から2020年3月31日まで)は、自動車部品事業では、堅調な既存製品に加え、電動化領域製品の需要拡大による増産、新規品立ち上げおよび引き合いの増加が見込まれ、空調・カスタム部品事業においても引き続き堅調に推移する見通しであります。2021年3月期までに売上高140億円を目標とする中期事業計画の達成に向けて電動化領域製品を中心に新規受注が積み上がっていることから、次期より新規品立ち上げのための機械設備、人材確保、新システム導入等、成長具現化のための先行投資を積極的に行うことを計画しております。また、品質維持向上と生産効率向上のための老朽化設備の入替を計画するとともに、省人化・自動化等の生産合理化を推進していくことで、競争力のあるグローバル供給体制の整備をさらに進めて参ります。

株式上場以来初となる配当金につきましては、予定通り1株当たり8円で実施させていただき、第106期も同額の配当を予定しております。

今後も、中期事業計画の達成に向けて社員一丸となり、長期的飛躍を目指していく所存です。

当社グループに対する絶大なるご支援を賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。

2019年6月
代表取締役社長 後藤 英恒
代表取締役社長 後藤 英恒
Page Top